━四日市の「今」を生きる人たちが明るく元気に描き出す「いのち」のストーリー

第一幕

水の精に守られながら、元気に生きる伊勢湾の魚たち 豊かな海で「生」を謳歌する魚たち

しかし そこに戦争の足音が近づいてきます。

やがて戦争が終わり 大気の精が見守る中 復興と高度経済成長が始まります。

市民や漁民はこぞって大歓迎し、素晴らしい未来が約束されるはずでしたが・・・・

臭い魚、臭い空気・・・そして「喘息」(ぜんそく)が四日市民に襲いかかります。



第二幕

道夫(夫)・孝子(妻)・恵(娘)は幸せな家庭生活を送っていたごく普通の家族でした。

しかし、道夫が喘息を発症してしまいます。

何年にも及ぶ闘病生活に苦しむ道夫。道夫を支える孝子。父の病気をきっかけにやがて医師を志す恵・・・

この家族はどうなってしまうのか!実話にもとづく家族の物語です。


公演チラシ

四日市市政120周年・四日市公害訴訟判決45周年を記念して創るミュージカル劇「四日市ラプソディ」

━これは、昔のことを忘れないためだけの物語ではありません。

確かな未来をつくるために、私が あなたが 「今」と「未来」を見つめる物語です。

チケットのお申込みはこちらから

四日市海